現在位置 : ホーム > 製品・技術情報 > 非破壊検査装置 > 磁粉探傷装置 > 磁粉探傷装置/単相半波水平型 Fタイプ/Sタイプ

製品・技術情報

非破壊検査装置【磁粉探傷装置】磁化電源装置

磁粉探傷装置は、強磁性体の表面や表層の傷を簡単・確実・安価に検出する装置です。
用途・ご要望に合わせ、各種装置を取りそろえており、仕様はカスタマイズさせていただきます。

堅牢かつリーズナブルなFタイプ&受入/抜取検査向きのSタイプ

単相半波水平型Fタイプ/Sタイプ

3相全波整流水平型

Sタイプ

【Fタイプ】

  • 堅牢安価、操作簡便な簡易型
  • SCRによる単相半波整流方式
  • 各仕様任意選定可能
    被検査物圧締・・・ハンドクランプ・エアーシリンダークランプ
    磁粉液槽・・・・・・・・鋼板仕上・ステンレス仕上
    検査グリル・・・・・・ステンレス製・木製

【Sタイプ】

  • 受入検査や抜取検査、研究開発に最適な簡易型
  • 電源分離型(末尾S)と電源一体型(末尾SⅡ)を選定可能
  • 分離型磁化電源はプロット磁化端子を備え、切離して使用可能
  • 暗室部はパイプ組立による分解式のため、狭い部屋にも搬入設置が容易
  • 磁粉液槽は0.25kW自吸水型ポンプにより常時混合攪拌

基本仕様

型式 NQ-40F NQ-404S.SⅡ
出力電流 直流(波高値) 4000A 4000A
交流(波高値) 4000A 4000A
整流方式 SCRによる単相半波整流
電流調整方式 0~最大迄デジタル設定 設定電流自動通電 10チャンネル設定メモリー付き
脱磁方式 直流 最大~0迄自動減衰脱磁 約20秒 瞬時復帰
交流 最大より0迄自動減衰脱磁 約6秒 瞬時復帰
磁化コイル φ300mm コイル附属 補助コイル(オプション)
磁粉液槽容量 約30l 約30ℓ
磁化電極寸法 150×150 mm 約100×100 mm
接触頭最大開き 約1050mm 約500mm
負荷条件 φ25 L460mm 銅バー圧締時
型式説明 NDKブランドの磁化電源装置には、「1.製品のタイプ」「2.定格電流値」「3.整流方式」―の3つを表わす、型式があります。スペック表をご参照する際や、ご発注いただく際にご参照ください。

このページのトップへ戻る