現在位置 : ホーム > 製品・技術情報 > 脱磁装置 > インバータ方式

製品・技術情報

脱磁装置 インバータ方式

インバータ方式は、高速走行型の距離減衰脱磁装置です。
電力制御素子として「IGBT(Insulated Gate Bipolar Transistor)」を搭載することで、棒材やパイプの径・肉厚により、交番磁界の周波数を最適に選択でき、高性能な脱磁に適しています。

最大150m/minの高速走行に対応。省スペース、省エネ化を実現

LX-1200/2000

GD10搭載!
LX-1200

大口径ビレット、パイプ等毎分1~150m/minの高速走行中の脱磁を実現できます。最適に選択した直流反転脱磁に近い交番磁界により材料内部まで脱磁効果がおよびます。
インバータ方式のためあらゆる脱磁に対応できます。

  1. 脱磁コイル長は、30m/分の走行時で400mm
    (100m/分の走行時で800mm)と省スペース
  2. 電源電力は最大100Aと省エネ
  3. 内蔵ROMの書き換えによってあらゆる特別条件に対応可
  4. 操作パネルにより周波数、電流、NSバランスの条件設定が可能

交番磁界の周波数設定により、棒材やパイプの様々な厚みに対応可能。NSバランス機能の搭載により、搬送ラインの方向による外部磁界の影響もキャンセル可能です。
LX-2000は大物鋼材・パイプの脱磁に適用できます。

基本仕様

型式 LX-1200 LX-2000
電源入力 AC200V±10%
三相50A 50/60Hz
AC200V±10%
三相50A 50/60Hz
脱磁電流 0~50A 1A単位設定 0~200A 1A単位設定
共調周波数 3-20Hz 1Hz単位設定 3-20Hz 1Hz単位設定
NSバランス ±50%設定 ±50%設定
参考外形寸法/
質量
550×630×1150mm/約200kg 900×900×1750mm/約300kg
ユニット HF-2 HF-2
全長(内部磁束)測定コイル 脱磁コイル
インバータ脱磁装置用ユニット HF-2 (インバータ脱磁電源LXシリーズ専用) 棒鋼、パイプなどのオンライン脱磁(距離減衰脱磁)に最適
  • 電流(発生磁場)の周波数選択ができ、被脱磁物の様々な厚みにも対応可能。厚みが大きいものは、低周波数の磁界により内部まで磁界を浸透させる。
  • NSバランス機能を搭載し南北、搬送ラインの外部磁界の影響をキャンセル
  • 被脱磁物等の条件により10チャンネルのメモリを搭載
  • 内部磁束測定機能も搭載可能

このページのトップへ戻る