現在位置 : ホーム > 製品・技術情報 > 磁気測定器 > BHカーブトレーサ

製品・技術情報

磁気測定器 BHカーブトレーサ<自動磁化特性測定装置>

磁石材料(ハード材)専用の磁化特性測定装置

BHカーブトレーサとは磁石の磁化特性を自動で測定するための装置です。残留磁束密度、保磁力、最大エネルギー積などを測定することができます。従来は直流方式でしたが、磁石材料の高性能化に伴い高磁場の発生が必要となり、パルス励磁方式のBHカーブトレーサも製品化されています。

測定項目:最大エネルギー積(BH MAX)、残留磁束密度(Br)、保磁力(HcB, HcJ)、最大飽和磁束密度(Bs)、その他(Br/Bs、Hk、Hk/HcJ)

コンパクト・簡単操作で高いコストパフォーマンスを実現 6700BH<直流式>

6700BH
  • ポールコイル方式で被測定物の形状制限が少ない
  • 従来型のジャケット(サーチ)コイル式の使用可能
  • パソコンとの対話方式で測定条件やデータのファイリングが可能
  • 測定データはCSV変換し、ワープロ等のアプリケーションソフトに活用可能
  標準磁界モデル 高磁界モデル
発生磁界(10mmギャップ)  1.5T 2.4T
主な測定磁石 アルニコ、
フェライト系
希土類系

パルス磁化方式。高保持力磁石を高精度・短時間に測定可能 PBH-1000<パルス式>

PBH-1000
  • 高磁界の発生可能
    :最大12T(特殊空芯コイルを使用)高磁界で完全飽和
  • 測定磁石に合わせた磁界強度の仕様が選択可能
    :フェライト系磁石から希土類焼結磁石まで対応可能
  • 高速測定:1分間に1回の測定が可能
  • 高性能:繰り返し精度±1%以下
  • 試料寸法に併せた設計製造が可能
    :標準試料寸法 φ10 L=7
  • 基本操作は6700BH同等の簡単操作
  • 温度可変式測定モデルをラインナップに追加
    :200℃までの温度設定可能

※ PBH-1000は日本電子材料工業会 標準規格マグネット技術委員会作成
    EMAS-7007「パルス磁界を用いた永久磁石測定方法」に準拠し
    製作しています。

PBH-1000

超電導磁石式。静磁場測定のため、渦電流の影響が少ない  SBH-1000〈超電導磁石式〉

SBH-1000〈超電導磁石式〉
  • 大型磁石φ30の測定が可能
  • 励磁磁界 : 5(T) 最大
  • 温度試験:200(℃)最大
他方法との優位性

①電磁石飽和
電磁石を用いた方法では鉄心の磁気的飽和のため約1.2[T](957.2[kA/m])以上から異常減衰起こってしまい、NdFeB焼結磁石等の高保磁力磁石の測定には向かない。

②パルス磁場-磁気余効
パルス磁場を用いた方法では、磁気余効の大きい永久磁石でB-H減磁曲線に不連続点が現れる。HcJが400kA/m以下のNdFeB及びSmCo系焼結永久磁石でその現象が著しい。

③大型磁石-渦電流
パルス磁場を用いた方法では、NdFeB磁石等の導電率が高い磁石で渦電流が発生する。そのため、表皮効果により磁束が表面に集まり磁石内部まで浸透しない。よって、大型の導電率の高い磁石の測定を正確行うことが困難である。

BH装置の比較
BH装置の比較
類似技術との比較

口 永久磁石磁気特性測定方法

類似技術との比較

このページのトップへ戻る

製品の詳細についてはコチラをご利用ください。カタログダウンロード資料請求・お問い合わせTEL 042-537-9321