現在位置 : ホーム > 製品・技術情報 > 非破壊検査装置 > 磁粉探傷装置 > 磁粉探傷装置/周波数変調型

製品・技術情報

非破壊検査装置【磁粉探傷装置】磁粉探傷装置(汎用機)

磁粉探傷装置は、強磁性体の表面や表層の傷を簡単・確実・安価に検出する装置です。
用途・ご要望に合わせ、各種装置を取りそろえており、仕様はカスタマイズさせていただきます。

不感帯無く全方向のキズを同時検出する非逓倍磁化方式 周波数変調型

周波数変調型
  • 非逓倍な複数交番磁化により、傷検出の不感帯が解消。
    死角のない検出能力を実現
  • 高い周波数の交番磁化により、表面の傷検出能力が表皮効果で大幅に向上
  • コイル磁化による非接触な磁化法においても、直接通電磁化法に匹敵する傷検出能力を実現

基本仕様

型式 HF-2003
電源入力(瞬間最大) 3φ200V 150A
出力磁化電流(波高値) 2000A
出力周波数 30Hz~300Hz
周波数調整方式 30Hz~300Hz迄 10Hzステップにてデジタル設定
重量 約700kg
外形寸法 約1100W×700D×1500H mm
負荷条件 150Sq 3m×2本(50Hz時)
型式説明 NDKブランドの磁化電源装置には、「1.製品のタイプ」「2.定格電流値」「3.整流方式」―の3つを表わす、型式があります。スペック表をご参照する際や、ご発注いただく際にご参照ください。

このページのトップへ戻る