現在位置 : ホーム > 製品・技術情報 > 脱磁装置 > 交流減衰方式/平面型(有鉄芯型)

製品・技術情報

脱磁装置 交流減衰方式

「距離減衰法」は、一定の交番磁界が発生しているコイルから被脱磁物を遠ざけることで脱磁を行います。

鉄芯を内蔵することでプレート面上に強力な交番磁界・回転磁界を発生 平面型(有鉄芯型)LOシリーズ 距離減衰

平面型(有鉄芯型)LOシリーズ

鉄芯にコイルを巻いた鉄芯型脱磁器。
コイルにより発生した磁束を鉄芯に集めると、鉄芯面から磁界が発生。プレート面に置いた、小・中型サイズの被脱磁物をプレートから離すことにより脱磁できます。

基本仕様

型式 脱磁力(AT) 電源入力 外形寸法(mm) 質量(kg)
LO-10 AC2400AT
AC3200AT
単相 AC100V 6A
       AC200V 5A
205(W)×205(D)×170(H) 約22kg
LO-20 AC4200AT 単相AC200V 18A 400(W)×450(D)×307(H) 約45kg
LO-30 AC8800AT 三相AC200V 16A 400(W)×450(D)×307(H) 約55kg

※脱磁力はいずれも50Hz環境での値です。

LO-10、LO-20
その函体内にU字型2極の鉄芯を備えており、プレート面上に、2極の強力な交番磁界を発生します。

LO-30
その函体内にU字型3極の鉄芯を備えており、プレート面上に、3極の強力な交番磁界を発生します。

このページのトップへ戻る