現在位置 : ホーム > 製品・技術情報 > 脱磁装置 > 直流反転方式/単相全波整流

製品・技術情報

脱磁装置 直流反転方式

交流脱磁の場合には表皮効果の影響で被脱磁物の内部が脱磁されない場合があります。
そこで「直流反転脱磁」をすることで内部の脱磁も行えます。
「直流反転脱磁」とは、商用電流を整流することで正方向磁化と負方向磁化の時間を任意に調整した、ゆるやかな交番磁界を用いる方法です。
直流成分の大きい順に、単相全波、単相半波となります。

断面積が大きく、残留磁気特性をもつ鋼材でも余裕で対応 単相全波整流:LF-20M 電流減衰

LF-20M

被脱磁物の残留磁気が強い場合や断面積が大きい場合に下記の単相半波整流器ではなく、LF-20Mを使用することで脱磁パワーを向上させることが可能です。

基本仕様

型式 LF-20M
入力 単相AC200V 200A
脱磁電流 低周波型(単相両波)2000~0A
脱磁時間 約30~120秒
使用方法 鋼材の残留磁気が強い場合や断面積が大きい場合などにはLF-2000に変わり、本器を使用することにより、脱磁力は約2倍になる。
ユニット GD10-5
単相全波整流用ユニット GD10-5(脱磁電源LF-20M専用) 棒鋼、パイプなどの束脱磁、厚板など大物の脱磁に最適
  • 直流(単相両波整流)反転による減衰脱磁を実現
  • 減衰速度、反転パターンを任意に設定し高精度に脱磁可能
  • NSバランス機能を搭載し、外部磁界の影響をキャンセル

このページのトップへ戻る

製品の詳細についてはコチラをご利用ください。カタログダウンロード資料請求・お問い合わせTEL 042-537-9321